広告

玉作湯神社で願いを込めたお守り作り

広告

こんにちは✨
占い師の彩月です。

先日出雲大社のレポートを書きましたが、
他にも島根県にある神社を巡ってきました。

今回は、
玉作湯神社(たまつくりゆじんじゃ)
のレポートを書いていきますね❣️

広告

玉作湯神社の御祭神とご利益


玉作湯神社は「出雲国風土記」にも登場する由緒ある神社です。
玉造は昔から勾玉づくりが盛んな土地で、
神社の周りにも工房跡があります。

写真は玉造温泉のシンボルと言える勾玉橋です。

玉作湯神社の御祭神は、
櫛明玉命(くしあかるだまのみこと)
大名持命(おおなもちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
が祀られています。

境内の願い石は、
触れて祈ると願いが叶うとされ、
パワースポットとなっています。

多くの女性が恋愛成就や縁結びの祈願に訪れているそうです。

玉作湯神社で、自分だけのお守り作り


玉作湯神社の鳥居をくぐると、階段があります。

ご自身の願いを込めたお守りを頂きたい方は、
この階段を上がる前に、社務所で「叶い石」を授かりましょう。

叶い石とお守り袋、願い札がセットになっています。

御朱印もこちらでいただけます。


石やお守り袋は、
ランダムでいろんな種類が入っています。

中身は開けてからのお楽しみです!
今その人にとって必要な石が来てくれるのだと思います。


さて、先ほどの階段を登っていきましょう!

階段を登ると、親子の狛犬が。

子供の成長を見守る
「すくすく狛犬」として有名なんだとか。

手水舎で清めてから、拝殿でお参りをします。

大きな神社ではありませんが、
境内はとても落ち着いていて、
神秘的な雰囲気を感じました✨

こちらの丸い石が、「願い石」です。

人工的なものではなく、
山の中からまん丸の石が出てきたので、
石の神様として祀られているのだそう。

まず御神水で「叶い石」を清めましょう。

そして、「願い石」に「叶い石」を
そっと触れさせながら、
心のなかで願いごとを三回唱えます。

石のパワーが「叶い石」へと
おすそ分けされて願いが叶う、と言われています。

少し分かりづらいですが、
願い石の隣にある石は
御守石」と呼ばれる青めのうの原石です。

触れればその人を守ってくれると言い伝えられています。

石に願いを込めたら、
願い札に名前や願い事を書きます。

複写になっているので、
一枚は叶い石の袋の中へ。

もう一枚は願い札納入箱に入れて、
宮司さんが後日ご祈祷をしてくれます。

これで、あなただけのお守りが完成です!

玉作湯神社のアクセス

最寄りのバス停は、「玉造温泉」です。
玉造温泉駅か、松江駅からもバスで行くことができます。

ただ・・・バスの本数がかなり少ないです!

時間によっては1時間に1本すらない時間帯も。
駅まで歩くと30分はかかります。

私は行きはバス、帰りはタクシーを使用しました。

電車も1時間に1本だったりするので、
事前に時間はチェックしておいてくださいね!

運転できる方は、島根観光はレンタカーが良いと思います。