彼とケンカした時に仲直りする方法

広告

付き合っている彼と、ついケンカをしてしまうことってありますよね💦

ケンカも悪いことではありませんが、
できるだけ早く仲直りしたいですよね。

ケンカ別れを防ぐためにも、仲直りの方法を知っておきましょう❣️

1、普通に接する

ケンカって、ほとんどは些細なことが原因です。
言い方が気に食わなかったとか、 前に言ったことを覚えていなかったりとか…

この場合は、ちょっとしたことで解決できます。

男性は、もうそれほど怒っていなくても、
ばつが悪かったり素直になれなかったりする事があります。

タイミングを見図っている場合もあるので、
ケンカしていることをあまり意識せず、こちらから普通に接しましょう✨

恋愛においては、男性より女性の方が白黒をはっきりさせたがる傾向があります。
しかし、「グレーの解決方法」もあることを心に留めておきましょう。

ケンカは勝ち負けではありません。
男女が一緒に過ごしていたら、納得いかないことは沢山出てきます。

それを全て解決していくのって、大変じゃないですか?
白黒はっきりつけずに置いておいた方がいいこともあると私は思っています。

2、自分から謝る

もし、あなたが原因で怒らせてしまったのなら、
まずは自分から素直に謝りましょう。

そこで相手が何か言い分があるようなら、一旦全て聞きましょう🍀

途中でイラッとしても、ここでは話を遮ったり、言い返したりしないように。

相手が少し落ち着いたら自分の思いを伝えるようにしましょう。

「悪いと思っていなくても謝れ」
ということをよく聞きますが、私はあまりオススメしていません。

とにかく謝ったり、ご機嫌取りをしていると、相手は調子にのります😅

毎回同じことをやらなくてはいけなくなってしまうので、
自分が悪いと思ったことだけ謝ればよいでしょう。

相手が無視してきたり、怒りが収まらないような場合は
一旦そこで終わりにして様子を見ましょう。

3、しばらく放置

時間が経てば解決することもあります。

先ほども言いましたが、
ケンカって些細なことが原因だったりしますよね。

ですから、時間が経った時に
「何であんなことでケンカしたんだろう」
とお互いに思うことがよくあるからです。

1週間くらい経ったら、一度話をしてみましょう。

放置期間はどうしても不安になってしまうかと思いますが、
できるだけケンカのことは考えないようにしてください。

いかにして「気分よく過ごす」ことができるかが大切ですよ☺️

どうしても相手を許せない時

まずは、相手になりきって気持ちを考えてみることが大切です。

相手のことを責めたくなる気持ちは分かりますが、
100%相手が悪いということはありません。

お互いに、どこか非があったはずです。

このことを理解していないと、
いつまでたっても許せずに、イライラしたままになってしまいます。

一度、自分の行動を見つめ直して、
彼はどう思ったのか?を考えてみてくださいね。

それでも、「時間では解決できない」「どうしても許せない」と思ったのなら、
正直な気持ちを伝えましょう。

感情的にならずに、「どう思ったのか」「どうしたいのか」を
きちんと言葉にしましょう。

ケンカ中にやってはいけないこと

ケンカ中はついカッとなってしまうこともありますよね。
しかし、下記のことをしてしまうと、
どんどん悪化してしまいますので注意してくださいね。

・無視する
・物にあたる
・相手を否定する
・過去の話を持ち出す
・別れを匂わす

分かっていても抑えられなくなってしまう場合、
一旦その場を離れたり、深呼吸をして、
衝動を抑えるようにしてください。

おわりに

ケンカをすることは、悪いことではありません。

相手に対して意見を言わずに
飲み込んだままだといつか爆発してしまいます。

爆発した状態で気持ちを相手にぶつけてしまうと、
分かってもらうどころか「面倒くさい」と思われてしまいます💦

そうならないためにも、溜め込む前にぶつかることも大切なのです。

しかし、何週間・何ヶ月もケンカしている状態は良いことではありません。

ケンカをしたらできるだけ早く仲直りするように努めてくださいね。
そして、二人の絆を更に深めていってください❣️